レモンの青汁の成分は、ケールとビタミンCからできています。ケールは青汁の原料として有名ですが、とても栄養価が高い野菜です。ケールは地中海原産のアブラナ科の植物で、キャベツによく似た形をしています。一年中栽培することができる生命力の強い野菜で、栄養価が高いことから「野菜の王様」とも呼ばれています。無農薬・無化学肥料で育てられた大分県産のケールを使用しています。特徴は、すっきりとした飲みやすい味にあります。青汁というと独特の苦みや青臭さをイメージする人も多いと思いますが、レモンの青汁は爽やかなレモン味になっています。そのためともて飲みやすく、偏食しがちなお子さんにもおすすめできる青汁です。

 
成分ですがケールには、ビタミンCやビタミンE、ビタミンUなどのビタミン類が豊富に含まれています。特にビタミンEはピーマンの2倍の量が含まれています。ビタミンCやビタミンEは、肌のシミやシワに働いて美肌を作ってくれる成分です。それから、ビタミンUにも余分な脂肪の消化を促す働きがあります。キャベジンとも呼ばれている成分で、胃を健康にしてくれます。ケールには、カルシウムやβカロテン、食物繊維、葉酸、タンパク質などの栄養素が豊富に含まれています。カルシウムには女性ホルモンを調節したり、骨をつくってくれる働きがあります。カルシウムを摂取することで骨粗鬆症の予防になるとも言われています。

 

 

ケールに含まれるカルシウムは牛乳の2倍もあります。また、βカロテンもトマトの5倍の量に相当します。食物繊維も腸の動きを良くし、便秘を解消してお腹の中をスッキリさせてくれる成分です。また、ケールにはルテインという成分も含まれています。ルテインは抗酸化作用を持つ物質で、紫外線などの刺激から網膜を守る働きがあります。そのため、目に良い成分として知られています。そして、ケールにはメラトニンという物質も含まれています。メラトニンは夜に分泌されるホルモンで、睡眠に深く関わっています。メラトニンには、不眠症を改善してくれる効果や寝ている間に日中のダメージを回復させてくれる働きもあります。

 

 

レモンの青汁は、ケールにレモン果汁が加えられています。そのためビタミンCが豊富で、2袋で成人が1日に必要なビタミンCの量100㎎摂取することができます。飲み方は、水に溶いて飲むだけなので簡単です。おすすめする人は、野菜不足と感じている人や外食が多くて野菜を摂れない人、食生活が不規則で栄養が偏っているというような人です。手軽に野菜の栄養を補うことができます。レモンの青汁を実際に飲んでいる人の口コミをみると、「飲みやすいから続けられる。」といった声や「カサカサしていた肌にちょっと艶が出てきた。」「飲んでいると疲れが取れる。」といった声が聞かれます。レモンの青汁を初回お得に購入する方法は、定期コースです。定期コースにすると、割安な価格で購入することができます。